【コロナチャレンジ】若者による感染リスクを楽しむ遊びが流行している

日本では、K1開催や地下アイドルLIVE、花見など
自粛しない派も多くを占めるが、それは海外も同じである。

海外の一部の若者の間で”コロナチャレンジ
なるものがSNSで話題になっている。

コロナチャレンジとは?

コロナチャレンジとは、ドアノブを舐めたり
手すりを舐めたり、便器を舐めたり
感染するリスクを楽しむチャレンジである。

どの国も若者も”命を失う恐怖が芽生えていないのは”共通で
「俺たちは自由だ!」「コロナにかかったらその時考える」など
楽天的な考えであるのは恐ろしい。

これは、外に出れないストレスや、コロナ疲れ休校によるものかもしれないが
一番大切な”命”を落としては、全く意味が無い事に気づかねばならない。

特に、現在は医療崩壊から入院するベットも足らない状態だ、
感染しない事が唯一の防御策なだけに、安易な行動は禁物である。

コロナチャレンジを楽しむ若者の声

春休みがめちゃめちゃになった

店も閉まっているしつまらない

施設を閉めるのはやりすぎだから

コロナチャレンジに驚く日本人の声

ついに海外の人もパニックで頭のネジ外れたか?
昨日の観客アリのK1強行に比べれば
まだ無観客でマシなのか?ん?
ドアノブ舐めてコロナチャレンジって、
それ以外の何かに感染しそうって思わないのがアメリカ人。
頭悪いな。
「高齢者排除」とか「コロナパーティー」
とか「コロナチャレンジ」とかやってるらしいな
日本人はバカに見えて真面なのかもしれない。
底辺YouTuberはコロナになる覚悟決めなければ
大物Youtuberにはなれないってことか…
いのちは大切にしよっと
どんなに気をつけていても、医療の現場が頑張っていても、
こういうバカが一定数沸いてくる限り収束はしない。
けどいつもこんなことしてる人なら
色んな抗体が出来て逆に元気かもしれない。
馬鹿は風邪を引かないって意外と合ってるかも!
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク