【嘘の】誤ったコロナウイルス予防法に注意!【情報】

中国武漢から広まった新型肺炎コロナウイルス
発生当時、中国政府は”隠蔽”しようとしていた事が分かった。

政府は社会安定化を図るため、あえて正確な情報を出さず
「大丈夫」「問題ない」と報告し、
一方で”社会に警告を出す人”に対し罰を与える。

当時、新型肺炎を警告していた医師(李氏)は
警察に拘束され”病状悪化”として死亡の報告がされた。

正しい事言ったら罰って怖いな
政府怖いな。

って言ってる日本も
そんな日が近づいている。

持病を持ってたとかなかったとしたら、
重症化の原因は何だったのだろうか?
適切な治療を受けてたか疑問だ。

コロナ騒ぎすぎだと言ってる
医療関係者さんはどう思うの?

新たな呼吸器疾患が流行し始めている
って警告したら警察から訓戒を受けるって・・・
これじゃ、江戸時代の刀の切れ味を
確かめたいから町人を切るみたいなもんじゃん。。

【嘘の】コロナウイルス予防法に注意

全く”デタラメ”な新型肺炎予防法が広まっている。
ここでは代表的な(嘘の)予防法を紹介している。

皆さんは真似しないように注意してほしい

52度のシャワーで体を消毒する

帰宅したら52度のシャワーで
コロナウイルスを熱で撃退するというもの。

万が一、コロナウイルスにかかっている場合には
既に体内に吸い込んでいる為、まるで意味はない。
それどころか火傷の危険性がある。

バナナを食べると感染する

輸入物が多いバナナを食べると
コロナウイルスが付着していて感染するというもの。
これも全くのデタラメである。

アルコール消毒は効果がない

アルコール消毒は効果がないという情報が出回っている。
これは、アルコール消毒液やジェルの買い占めを止めるための発言と思われるが、

”現段階”では、WHO(世界保健機関)の特設サイトにて
・アルコール消毒剤
・石けんと水
以上の2つを推奨している。

厚生労働省の公式ツイッターにおいても、
誤った情報という事を注意喚起し、
「アルコール消毒を推奨」するツイートを行った。

その他の怪しい予防情報

・アルコール度数90度以上の酒を浴びる。
・マスクは効果ないから買う必要なし。
・タバコを吸っている人は感染しにくい。
・イチゴを食べると感染リスク低下。
・ごま油を鼻の穴に1滴垂らすと効果的。
・ニンニクがウイルスに対し効果的。
・梨が予防に良い。
・みかんも予防に良い。
・アルコール度数の高いウォッカは予防に最適

ただ、単純に抵抗力を維持するという意味で
イチゴやミカンなどのビタミンCを摂取する事は
プラスになるが、マイナスに働く事は無いだろう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク