【東京】第2波対策として目安を超えた場合「東京アラート」発動させる方向

緊急事態宣言解除による第2波の危険性が危惧される中、
東京では解除前からの対策が練られている。

東京では対策として目安を超えた場合
「東京アラート」発動させる方針が固まっているという。

7項目のアラート基準
・新たな感染者数
・感染経路が不明な人の割合
・週単位の増加比率
・重症患者数
・入院患者数
・PCR検査の陽性率
・受診相談窓口での相談件数

緊急事態宣言に伴う休業や営業短縮要請について、
東京都は段階的に緩和する方針を固めた。
感染拡大の第2波への備えとして、指標として使った数値が
1項目でも緩和の目安を超えた場合に「東京アラート」を発動する。

東京都民の声

いいじゃん。これは便利
ちゃんと偽りなく報告してほしいね
また隠蔽したら無意味だからね。
今日テレビで見たけど日本の死者が少ないのは
単純に感染していないからであることが分かった。
従って感染拡大すれば何10万人死ぬことになるってさ
国民の意識は大事になるはず。
アラートってなぁに?
また英語使いたい病。
小池さん、おじいちゃん、おばあちゃんにも
わかりやすい表現しになくちゃダメだって。
第二波きた場合
さらなる補償はあるのかな..
またスマホの緊急アラームにドキッとしないといけないのか
警報の音量下げられるぞ!
アラート ロードマップ
フェーズ ロックダウン
東京都民はみんな英語がわかるのでしょうか。
スイーツみたいな名前しやがって。
小池は英語にしてカッコつけるの好きだねぇ。
普通に警報って言えよ。
ソーシャルディスタンスも社会的距離でいいじゃん。
なんでわざわざ分かりにくくするの。
英語にしてカッコつけるのは全国でやられてるけど小池は特に酷い。
また小池知事の趣味か東京アラートって横文字で伝わってこない
ステイホームも子供や高齢者に伝わらなかったし
うちで過ごそう、出口戦略などなぜ日本語を使えないのだろうか。
大阪に先を越され存在感なくした焦りは分かるがきちんとしてほしい
保健所への対策も遅い。首都がこれでは駄目だ!
小池都知事が生み出した言葉
クラスター→集団感染
ロックダウン→都市封鎖
オーバーシュート→感染爆発
ソーシャルディスタンス→社会的距離
ステイホーム週間→おうちにいよう
東京アラート→基準超えたら発動
クールビズの成功体験から抜け出せない人。。
もーいいかげんにして欲しい。
お年寄りはついていけてないと思いますよ。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク