米国 やはりBCG予防接種でコロナ死が激減するのではないか?と検証中

Daily Mail Onlineにて、コロナウイルスの死亡率は、
結核BCGワクチンを使用する国では5.8倍低いと報告している。


ジョンズホプキンスの科学者達は、結核BCGワクチンを
使用する国では死亡率が5.8倍低いことを発見したと報告している。
これは以前、記事で取り上げたが日本などの
BCG接種国では極端に死亡率が低い事から話題になっていた。

BCGワクチンは感染を防ぐために人の免疫システムを後押しすると考えられ
現在、コロナウイルスによる死亡の防止に役立つかどうかを確認するための試験が行われているという。

例えばイギリスでは、1953年から2005年の間に
10歳から14歳までの”すべての学童”にワクチンが注射された。
しかしながら、結核感染率が低下したため、
2005年からは、感染した親族の乳児などリスクの高い者のみを対象とすることに切り替えた。
(4/22現在の感染者数は約8万人お増大)

もし、このBCG接種が効果的であるならば
日本人の51歳以下の人々は重篤リスクが軽減されている可能性がある。

現在は、検査をしない満床感染者隠蔽保証なしと4重苦の日本であるが
BCG接種が神風であってほしいと願うばかりである。

BCGの効果について外国人の反応

ごみ同然!!!
この段階では絶対にコロナを倒す方法はありません。
データが完全ではないこれは広告ですか?
これは本当であるかもしれない…..
でもどうしてイギリスでは死亡率が高いのですか?
私の記憶が確かなら2005年までBCGワクチンを打っていた筈です。
したがってベネズエラでは、
ほぼすべての人口が生き残る可能性が6倍高くなります。
(感染者:約160人のうち死亡者3)
私はBCGワクチンを接種されました。
天然痘と日本脳炎のワクチンも接種しました。
インターネットに殺到す​​る医療情報には、
良い面と悪い面が混在しています。
言い切っていいのか?まだわかねんぇぞ!!
元になったオリジナルを使用している国ほど効果は高いです。
オリジナル株ではないBCGワクチンの効果は期待されていません
現在オリジナル株のBCGを摂取している国は、日本韓国ロシアになります。
1 BCG
2 軽症者はアビガン
3 重傷者はエボラ薬
これがコロナから助かる最善の方法だと思います。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク