政府【現金給付 自己申告制で20万円を検討!】国民「めんどくさい不公平」と話題に

政府は現金給付について、1世帯20万円とする方向で調整段階に入った。
しかしながら、所得の減った世帯などを対象とする制度であり、
誰もが一律に受け取ることは出来ない。
所得金額や減少幅の申請を受けて給付する「自己申告制」である事が分かった。

”申請”した者だけが受け取れるシステムとなり、
パートや所得減少が遅れて表面化する会社等は
給付されない場合もあるばかりか、外に出るリスク&
そして高齢者に対しても申請するまでの手順が伝わりにくく
「なぜ、そんなめんどくさい事をするのか?」
と問題になっている。

一世帯あたり2枚のマスク配布を決めた政府は、
決定までに2ヶ月を要し、送料に60億円を無駄使いするというのだから驚きだ。
国民の中には「同時に小切手入れれば済むじゃん」などという声もあり
国民の8割以上は一律給付を希望している。

国民の反応

申告かぁめんどくせーな
なんで自己申告?
給料高いひとはあとでさっ引いて一律支払えばええやん。
財務省無能
所得が減った証拠かき集めて
減少幅を申告なんてそんなめんどくさいことできない。
というかコロナ原因で所得が減ったのか?
その他の原因で所得が減ったのか?どうやって証明するんだろ。
減らないように頑張ってた人もらえないやつか
胸が熱くなるな。
所得が減らないように頑張ってた僕は対象外なのか?
じゃあ頑張らなくて良かったのか…。
何の為の税金なんだよ!!
結局一人当たり10万とかの一律給付の方が平等で早いんだよ
とにかく早く決定してくれ
遅過ぎ
役所が問い合わせで混雑しそうw結果、クラスターw
お年寄りは、役所に行って対面じゃないと理解できないのに。
完全にお年寄りにはあげないスタンス
高齢者抹殺を狙っているとしか思えない
後から所得に影響出る人は給付されない説
バイトは無視される説
本当の貧乏には支給されない説
お年寄りは申請方法が分からない説
そしてみんな並んでクラスター説
マジヤバイ日本

医療崩壊確定状態

マスク送付決定までに時間かかり、給付金も当然時間がかかっている。
しかしながらもっと重要なのは”緊急事態宣言”又は”ロックダウン”であり
医療関係者からの訴えがある通り、既に医療崩壊は確実に起こっている。

あの中国やアメリカでさえ、コロナが入ってきた時点で
早急に隔離施設(初期症状でも感染を広げないようにするため)を作り始め準備していた。

一方の日本は、何も対策がされていない事が大問題であり、
「先手先手」どころかまるで何もしていない状態では感染拡大を止める事は出来ない。
(既に東京では入院が不可能に近い)

今までの流れを見ていても、たとえ緊急事態宣言が発令しても
様々な落ち度があり、たいした効果を望めない事も予想できる。
これからはお金よりも食料が重要になる原始時代(サバイバル時代)に突入するだろう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク