【厚生労働省】国民が危機感を持っていないのは国の責任か【何してるの?】

厚生労働省よりも国民の方が、
コロナウイルスの知識を持っている状態である。

厚労省「クルーズ船対応の医師や看護師は検査対象外」
厚労省「厚労省職員の大半が検査せずに職場に戻っていた
厚労省「下船させた女性が感染していた」
厚労省「プリンセス号で厚労省職員2名感染」
厚労省「清潔ソーンと不潔ゾーンを分けてます!」
厚労省「ただの風邪ですから」

毎日、ネタなのかと思うくらい
ありえないニュースが飛び込んでくる。
厚労省の無能っぷりを毎日出さなければならないルールでもあるのか?というレベルである。

厚労省は極力仕事をしたくないようだな。

毎日いいもんくって偉そうにしている奴が
急に国民の為に動けるわけがない。

小学生かな?

厚労省発のパンデミックになるのでは?

お漏らし政権

2/22日午後11時現在
#新型コロナウイルス 感染者
・東京 29人
・北海道 17人
・神奈川 16人
・愛知 15人
・和歌山 13人
・千葉 9人
・沖縄 3人
・熊本 3人
・京都 2人
・福岡 2人
・石川 2人
・埼玉 1人
・三重 1人
・奈良 1人
・大阪 1人
・栃木 1人
・厚生労働省の職員、検疫官 5人

厚生労働省には任せられない

水際作戦が出来なかったおかげで、
電車、バスなどの交通機関などから感染する事になり
国民一人一人が厳重な対策をしなければならなくなった。

本来は国民に”注意”を促す事が出来る政府が
現状を隠し「ただの風邪」「マスクをすればOk」とデマ情報を流すものだから
国民も”本当の怖さを分かっている人”は一握りである。

いまだに、週末のレストランは満員、
競馬場も開放、競艇場も開放、マラソンも開催、LIVE開催
など、危機感が全く感じられない。

武漢の映像を見ればわかるが、
自分の子供が死ぬ
遺体袋をたくさん用意している動画
急に倒れて死ぬ動画再発など・・・
決して他人事ではないのである。

戦争や感染症から離れていた日本は
”怖さを忘れてしまっている”。

世界一生ぬるい日本

中国の(武漢大学人民医院)余昌平医師は
日本に向けて「油断すると大変なことになる」と注意を呼び掛けている。

戦争から時間が経ち、初めての感染症対策
我々は油断しすぎている。

今後は会社や学校、全てに影響が出て
国全体が機能しなくなる方向に進むだろう。

日本政府 病院 芸能界 怖い現実

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。