【後遺症】タバコ吸っている人が死にやすいのは当然だった【症状】

倦怠感呼吸苦関節痛胸痛を筆頭に
新型コロナウイルス感染者の”後遺症の声”が届くようになった。

味覚障害、喉の乾燥、鼻炎、結膜充血、頭痛
食欲不振、喉の痛み、めまい、筋肉痛、下痢、痰

以上は、陰性に戻ってからも続く症状なだけに
「コロナはただの風邪」と訴えてきた方の意見が間違えていたことが分かる。

一時期は、「陰性になれば問題ない」「子供は罹っても軽症」との見方が多かったが、
陰性に戻った方の経過を見ると、複数の後遺症が判明したのである。

たとえ症状が無くても細胞が傷ついている可能性がある事から
これらが何かのキッカケで発動→重篤の爆弾を背負って生きる事になる。

肺の細胞は戻らないんだってさ
そりゃ死ぬじゃん。。

肺の細胞が結晶化して刺さって咳が起きるんだって
怖くない?

タバコやめる

免疫力上げるしか方法ないから
年取ったら終わりは怖い

後遺症のある方の声

実際、体験しなければ苦しみは分からない。
「ただの風邪」と訴えていた方も、
自身に降りかかればそれは過ちと気づくだろう。

毎日、十数校で感染してるけど日本大丈夫か?の声

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。