【新宿駅】乗客35%減どまりと言われるが→結構頑張ってた都内の様子がこちら

非常事態宣言発令の翌日、新宿駅の画像が問題視された。
政府の目標は接触7~8割減であったが、
乗客は35%減どまりであったという。

ただ、これは宣言前の比較データであり、
今回の非常事態宣言とは結びつけてはならない。

よく読まないと宣言後かと思うよな

ひどなぁこれ
騙し記事じゃん

これまで日本政府は”通勤電車”について
コロナに影響ないとしてスルーしてきたにも関わらず
急に通勤者がクローズアップされるのもおかしな話である。

コロナ関係ないって言ってたじゃん

パチンコも風俗も
関係ないとか言ってたじゃん
全て嘘つき政治

もちろん電車は、誰もが濃厚接触状態であるとわかっているが
”生活がかかっていて休めない”&”会社の圧力”等があるために
(死にたくないが)仕方なく働いている人が殆どである。

その証拠に、仕事以外については
新宿周辺を観察すれば見事に指示に従っている事がわかる。

通勤時間以外になれば

人が集まる新宿駅も、通勤時間を過ぎた時間帯であれば
想像以上に人が少ない事が分かる。
平日でもごった返していた事を考えれば素晴らしい効果である。

マスコミは、あえて混んでいる場所を撮影し”炎上”させたい場合もあれば
だれもいない場所を選び”肯定”する記事を書く場合もある。
新宿駅に関しては、通勤時間は多少人が集まるが、
他の場所ではしっかり守れているのが真実である。

バスタ新宿

普段は、ツアーや長距離バス客で混み合う
バスタ新宿も現在はガラガラだ。

ツアーやホテル等も自粛している場所が多く
遊びたくても遊べない環境作りは行動範囲を狭め効果的である。

店舗が閉まっている影響力は大

新宿と言えば、宣言前であってもパチンコ屋は満員という程
コロナ拡散地帯で、当然飲食店や風俗等多くの人が訪れていた。

いくら鈍い人であっても空気を読めない人は減ってきた。

”右にならえ”をする傾向のある日本人は、
ここまで人が減れば殆どの方が真似をしてくれる。
もちろん、宣言直後だけに気が引き締まっている部分もあるが
ぜひとも皆で協力して継続させい所である。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク