【品薄】マスクの代用品はこれだ!【コロナ便乗値上げに対抗】ベスト6

1位 手作りマスク

マスク不足の今、流行しているのが自作マスクである。
コロナ対策によるマスクはもちろんであるが、
コロナ以前に”花粉症の時期”だけにマスクが必須な方は多い。

特にハンカチによる代用マスクは
誰にでも作れる”簡単工作”である。


また、女子力が高い者は
”縫い付け”を行い本格的なマスクを作る事になる。

マスクが様々なもので代用できると分かった現在
自作する方が段々と増えている。

2位 眼帯

通常は片目を負傷した際に利用するアイテムであるが
マスクが買えない危機感から思わず代用してしまった例である。

当然、鼻部分ががら空きであり
眼帯部分もガーゼ1枚である事から
効果は殆ど無いと言われている。

3位 ベビー用おむつ

程よい締め付け感のあるオムツは顔全体をガードする事が出来る。
マスクよりも厚みがあるゆえに、
”小便を吸収する部分にアルコールを散布”すれば効果が高まる。

4位 ナプキン

外に出ず、身近にマスクの代わりになる物を探したものの
同じ白色のナプキンに白羽の矢が立った。
鼻と口を抑えられることは出来るものの
明らかにナプキンと分かる形は”ネタなのか?”と勘違いされる程である。

5位 大五郎


目からも感染する事が分かった現在、
ウイルスを触った後は目を掻かないよう防御する必要がある。

カットすれば顔からスッポリ被れる焼酎系は
海外で活用されている。

6位 フルーツの皮

口を塞ぐならば、免疫力の維持に有効な
ビタミンCを含むフルーツの皮を利用するのは理にかなっている。

洋ナシタイプ、ココナッツタイプ、スイカでスッポリタイプと派閥は分かれるが、
やはり柑橘系の人気が高い。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク