【コロナ備蓄】そろそろヤバいのではないか?外出禁止に備える人がチラホラ

アメリカ・・・外出禁止令
イタリア・・・生活必需品除く全産業の生産停止

恐るべきニュースが飛び交っているにも関わらず
日本人は危機感が全くない。

3/19には感染症専門家会議が行われたにもかかわらず
3/21仙台では聖火見物に5万人の列
3/22埼玉スーパーアリーナでK-1決行
緩やかな日本人に驚く方も多いだろう。

専門家会議は、イベント禁止が解除されたかのような発表ではあったが、
国が(金を)保証できない今、主催者任せになるのはやむを得ない処置であり
外出の自粛は国民誰もが意識しなければならない状態である。

まるで他人事
出歩き過ぎと話題に

この3連休、外を見ても多くの人が出歩いているのが分かる。
ショッピングセンターはもちろんであるが、
新宿御苑を代表に花見客でごった返している程だ。
(新宿御苑は無料の為大混雑)

チケットの並びでうつるから無料にしたんだってね。
中にいっぱいいるからあんまり意味ないよね。

みんな移らないと思っているんだろう
知らぬが仏で羨ましい、バカだな。

一番危ないのは東京都か?

現在こそ、オリンピックの為に
東京の感染者数は隠蔽されているものの、
新宿区に住むAさんに話を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「毎日の様にコロナの噂話が回ってくる。
様々な病院で感染者情報が回ってくるが情報を公開している様子はない。
東京は既に万人クラスの感染者がいるものとして覚悟している」

以上のように、危機感を持つ方は
身近に感染者がいるつもりで行動しているそうだ。

未だにペーパー不足が続いている23区

地方では買い占めの必要性が無くなったトイレットペーパーであるが、
まだまだ23区内では壮絶なバトルが繰り広げられている。

最近では、仕入れ回数が増えた事で
買うチャンスは増えたものの、30分以内に売り切れるそうだ。

ある程度の仕入れがあるため、危機感が減ったのかわからないが
取材した2店舗共に”高級ティッシュ”だけ余っている状態であった。

高級ティッシュポケットティッシュは買いやすい状態まで回復するも
まだまだトイレットペーパーは即完売してしまう状態が続いている。

着々備蓄する人々

今回取材したAさんは、買い占めではなく
徐々に”備蓄”をしているという。

例えば、スーパーに行った際には
缶詰1+水2L+レトルトカレー1という具合に
日々、少量を積み重ねているそうである。

備蓄のポイントとしては、
保存食では野菜不足が考えられるため野菜ジュースが案外重要だという。
なかなか勉強になる一言を頂いた。

Aさんの備蓄リスト
ポテトチップス10袋 チョコレート少量
カップラーメン20個 水2Lサイズx20本
レトルトごはん20個 レトルトカレー6袋 缶詰15
野菜ジュース7本 カロリーメイト3個

日本ではまだ外出禁止令が出ていないが、
(気楽な日本人が多い現状では)いつ外出禁止令が出てもおかしくない状況だ。

特に、未だにトイレットペーパーバトルが繰り広げられている23区内では
物資の供給が間に合わない可能性が十分にある。

マスクやトイレットペーパーの前例があるだけに
早めに動いている人間も少なくないようだ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク