【面倒は家族任せ】周りにストレスを与えるのが上手い尊大型アスペルガー【同じ空間に居るだけで不快】

アスペルガーには様々な症状があり全てが同じではない。
「型」によって対処法は変わってくる。

例えば、孤立型受動型であれば
1人でこっそり生きていくことが可能であるが、

威張る尊大型話し続ける積極奇異型の場合には
健常者を巻き込むので厄介になる。

私の父親の場合は、
尊大型+積極奇異型の混合であり、
これが老化により症状が増幅されている。

【尊大型】
・自分は天才だと思っている
・人の話は聞かない
・テレビやラジオを信じる
・家族に興味がない
・家族を召使いのように扱う
・自分大好きで自分を守る
・言い訳をする
・感情の起伏が激しい
・すぐ怒る
・悪口を言う
・上に立ちたいので
・言いなりになる人を周りに置きたがる
【積極奇異型】
・ずっと話しかけてくる
・同じ話を何度もする
・話が全部つまらない
・遠回しにもったいぶって話す
・盛り上げるためにはウソを使う
・ダーツ!ズラ―ッ!などの擬音が多い
・機嫌が良い時はトーンが高い
・自慢話が多い

自分が世界一の常識者
俺は天才だぁ~~

父は亭主関白(尊大型)で、
自分が素晴らしい人間だと思い込み、
家族に意見を押し付ける。

家族の話は一切聞き入れず
自分の意見だけは押し通す。

思ったことはすぐに言葉にして伝えるのが基本。
気分を害す言葉をストレートに言うので周りは傷つくが
本人は”俺は凄い”としか思っておらず、客観的に見ることが出来ない。

思ったことはすぐ言わないと気が済まないので
私が階段を下りる瞬間でも、エレベーターに乗る瞬間でも話を始める。
立ち止まらせて”つまらない話”や”説教”、”今言わなくてよい事”を伝えてくる。

・折角の休みなのに朝から説教
・自分の考え方や行動を指導する
・今じゃない場面での関係のない話
・思ったことをすぐ言わないと気が済まない
とにかく空気が読めず、自分が言いたい時が
”ベストタイミング”だと思っており家族に迷惑をかける。

単なるつまらない話だけならマシだが、
指導や説教が始まるとガッカリする。

とある日曜日の例)

父はバイクを乗りに出かける所であったが
私を見かけると・・・

出掛ける直前に、「このように行動しろ」
「おまえの考え方はおかしい」など、
家族を否定し、意見を押し付けて不快にさせる。

!バカはお前じゃないか!

相手を不快にさせて気持ちを沈めさせ
自分だけ楽しくバイクに出発!

残された家族はモヤモヤしてとても不愉快!
アスペルガー本人だけスッキリして→遊びへ。

!本人は嫌がらせをしたことに気づいていない!

家族を不快にさせるのが上手

自己中すぎて家族を振り回す
雁字搦めの束縛

尊大型は束縛が大好きだ。

家族に興味はないが、
”すぐに指令できるように”身近に居ないと不機嫌になるのである。

安定器の交換で家族を振り回す

金曜日
父「土曜日は蛍光灯の安定器を直そう(家族を付き合わす)」
(お前らは出かけるなよ!のアピール)

土曜日になったが・・・
父「やっぱり日曜日に蛍光灯の安定器を直そう!」

日曜日になったが・・・
父「やっぱり月曜日にしよう!」

父の気分次第で予定がコロコロ変わる

このように日程を抑えられえてしまったため
私は土日の予定を全てキャンセルし、無駄に終わってしまった。

アスペルガー本人は、家族の週末を奪ってしまった罪悪感などなく
自分の事しか考えてない。こちらの予定など無関心なのだ。

家族を振り回す自分勝手な行動をするアスペルガー

絶対行かない夜警
年に1度の戦い
~火の用心~

父親は昔から
”夜警(火の用心)”に行きたがらない。

アスペルガーは周りに合わせられないので
町内会の集まり手伝い等に入る事が出来ないのだ。

火の用心をさりげなく頼んでくるアスペルガー

父の場合は尊大型という
プライドの高いアスペルガーである。

従って、自分が頭を下げて頼みごとをすることが出来ず
言い訳”をして相手に頼むのがいつものパターン。

遠回しに命令する事で
本人に罪は無いと思っているのだ。

父「なんだか調子悪いからなぁ」(お前が行けの意味)
(嘘つけくそ野郎)

父「寝不足で調子悪いからなぁ」(お前が行けの意味)
(嘘つけくそ野郎)


父「町会長にされたくないからなぁ、
でも行かないとなぁ」(お前が行けの意味)
(町会長の話なんか出るかよ無理に言い訳を作るなボケ!)

このように、毎年毎年
さりげなく”言い訳”をしながら
私が行くように仕向けるのが尊大型のやり方だ。

家族を誘導して振り回すのが得意なアスペルガーは
このように自分勝手であるが、
父自身は”上手に逃れた”と考えているのである。

こちらは普通に頼まれれば全然行くのだが
毎年、遠回しに言い訳をしてくるので
こちらも(ムカつくので)あえて戦う姿勢を見せ抵抗をする。

今年の場合

今回は・・・・

父「町内会長にされたくないからなぁ、
でも行かないとなぁ」(お前が行けの意味)
という手を使ってきた。

私「行きたくないなら行かなくてもいいんだよ」

父「でも行かないとなぁ(お前が行け)

私「俺はいかないよ、知らないよ。嫌なら行かなきゃいいんだよ。」

父「!(汗)・・・でも行かないとなぁ(お前が行け)

私「俺は絶対にいかないよ。
火の用心は昔と違って、
迷惑に感じている方もいるんだよ。
近所の鈴木病院も「うるさくしないで」
と言ってくるし、田中さんの家の前で
拡声器使うと怒るし、色々な考え方が増えて
どちらが正解か分からない時代なんだよ。
町内会も毎年4人で班を作るけど、
どの班も半分来ないでしょ?
もう昔から住んでいる人も減って、
参加する人も減って町内会も考えないといけないんだよ。
今の時代”火の用心は正義”とは限らないんだよ。
俺はいかないよ!絶対行かないよ!」

父「!!・・・・」
(何も言えなくなる)

最終的には私が行くが
このように、言い訳をして家族を操るやり方に
何十年もイライラしてきているのだ。

恐ろしいのが、毎回自身が
火の用心に行っていると思っている事だ。
私が20年以上も行っていることを
アスペルガーは全く覚えていないのである。

おそろしやアスペルガー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク