【短気】高齢者の頑固症が増加中【アスペルガー】

年を重ねるにつれ頑固になる親
興味のある話にだけ夢中になる
家族の言う事を聞いてくれない!
以前より怒りっぽくなった!
そんな高齢者が増えている。

レジや駅で怒っている客を見ると
だいたい高齢者だよな。

駅で足を踏んでしまっただけでキレる老人。
生きてる価値無し。

痴呆や認知症とは違う頑固化現象・・
なぜ高齢者は怒りっぽくなってしまうのか?

頑固な親を抱える家族の苦悩

父親がすごく頑固です!
幼稚になり怒りっぽくなりました。
母親が年を取るにつれて人の話を聞かなくなりました。
自分の好きな話題だけどんどん話してきます。
偏屈、卑屈、とにかく父親が
どんどん嫌な奴になっています。
ボケとは違う性格の悪化と言うか
とにかく頑固で聞く耳を持ちません。

高齢者アスペルガーが増えている現状

現代は、
自分勝手な行動をとるようになった
高齢者が問題になっている。

例えば、我が家の場合は、
父親が自分勝手な行動をとるようになった。

以前は”気遣い”が出来ていたものが
我慢をしなくなったような状態で、
自分に絶対の自信を持ち、
他人の言う事を全く聞かなくなった。

頑固から超頑固へ

今までも十分な頑固であったが、
それに輪をかけ家族もお手上げの状態になる。

・同じ話を始めて話すかのように何度も話す。
(30回以上聞いたのに本人は気が付かない)
・同じ話に「前に聞いたよ」と言ってしまうとキレる。
(結局聞く羽目に)
・自分の情報が一番だと思っている。
・自分の話が面白いと思っている。
・話相手の話は遮り自慢話を始める。
・相手の話を一切聞かない。
(聞いていても覚えていない)

こちらの話は聞かず、
自分の意見は押し付けてくるので
聞いている側はストレスが溜まるのである。

このような、同じ話や意見を曲げないだけならまだ良いが、
普通は出さない”愚痴”や”余計な一言”までも平気に
口に出すようになると厄介になる。

!老人の幼稚化現象!

私「今度父親を食事に誘おう!」

母「そうね!伝えとくわ」

母「一緒に食事しようって!」

「そんなもんは行かない!気を使って疲れる!
今まではすべて我慢していたんだ!気を使われるなんてまっぴらだ!」

母「えっ。。そこまで言わなくても」

以上のように、言わなくても良い事まで
(相手が傷つく事を)どんどん言うようになる。

このような言い方をするようでは、
顔を合わすのさえも嫌になってくる

怖いながらに尊敬していた父の姿はもうそこにはない。
もう邪魔な高齢者に劣化してしまったのである。

頑固化した親を持つ方の苦悩

年寄りは頑固でダメだな。
人の話を聞かないし、思い込みが激しい。
実の親でもイライラするわ!
年をとって、思い込みが激しくなり、
頑固になり、人の話を聞かない程度が
どんどん増えていってると実感する。
80越えた父のイライラ生活が辛い。
何でも母に当たる、自分が一番正しいと思っている。
人の話を聞かないのにてめーの意見は押し付ける。
こっちも同じことしてやろうか?
頑固すぎていらつく!!
ほんとなんなのうちの親!
出来るだけ会わないようにしよう。
テレビの内容を信じる親は時代遅れ
家族のアドバイスは聞かないで
テレビの言う事は信じるバカ!勝手にしろ!
老いるのが怖いと思うのは、
身近な人達が昔と変わってしまうのを
目の当たりにするからである。
親戚の叔父さんも、50過ぎた辺りからやたら短気になった。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク