Q.尊大型の自分勝手なアスペルガーとHSPの相性は最悪ですか?カサンドラ地獄

Q.私の父は尊大型の自分勝手なアスペルガーですが、
HSPの私にはとてもストレスになります。
尊大型アスペルガーHSPの相性はやはり良くないでしょうか?

A.アスペルガー症候群を持つ人と
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の相性については、
一概に良いとも悪いとも言えませんが、
健常者でも苦労するので厳しい戦いとなるでしょう。

人間関係の相性は、個々の性格、
コミュニケーションのスタイル、
お互いの理解と尊重の度合いに大きく依存します。

アスペルガー症候群の人は、
社会的な相互作用や他人の感情を読み取ることに苦労することがあります。
これは、彼らが自己中心的または尊大に見える原因となることがあります。
一方で、HSPの人は感情や環境の変化に非常に敏感で、
他人の感情や行動に強く反応することがあります。

このような特性の違いは、
確かにストレスや誤解を引き起こす可能性があります。
しかし、お互いの特性を理解し、
適切なコミュニケーションと境界線を設定することで、
関係は改善されることもあります。

例えば、HSPの人は自分の感受性を理解し、
過度な刺激から自分を守るための戦略を学ぶことが重要です。
また、アスペルガー症候群の人は、他人の感情や
ニーズに対する理解を深めることで、より良い関係を築くことができます。

Q.しかし、父のアスペルガーが加速してから私の心はボロボロです。
「勝手なルールを作り激怒」「命令ばかり」
「すぐ怒る」「陰口」「喜怒哀楽が激しい」など、
私は子供の頃から親の顔色を窺い続け、
他人と話していてもすぐに嫌な部分を見つけたりとマイナスに働いてます。
明らかにアスペルガーが悪いと思うのですが。

A.ご家族の状況についてお話しいただき、
ありがとうございます。

お父様のアスペルガー症候群が原因で、
ご自身が多くのストレスを感じているということは、
非常に困難な状況であることが伺えます。
アスペルガー症候群の人々は、しばしば
コミュニケーションや社会的相互作用において特有の挑戦に直面します。
これにより、家族間の関係にも影響を及ぼすことがあります。

お父様の行動が、あなたにとってネガティブな
影響を与えていると感じるのは理解できます。
しかし、アスペルガー症候群は、
その人の性格や行動の全てを説明するものではありません。

アスペルガー症候群は、
社会的コミュニケーションや相互作用において
特定の特徴を持つことを意味しますが、
個人の行動や性格は、その診断を超えて多様です。

HSPとしてのご自身の感受性を理解し、
それを大切にすることも重要です。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク