常に話しかけながらモルモットの爪を切ってくれるコジマの神店舗に毎回感動

以前、爪を切ってくれる
ペットのコジマの神店について述べた

過去K店では冷たくされていたが
(忙しいので適当に扱われる流れ)
最近はA店に癒されている。

同じコジマでも、
ペットに対する対応は全く異なっており
運よく神店に出会えれば→コジマ最高
運悪く糞店に出会えば→コジマ最低
という印象になるため、
ネットで評判を探してもそれが全てとは限らない。

愛想をよくすることはないが
嫌な顔を見せてもらいたくない

例えば、バスの運転手は冷たい&運転が荒いなどで問題になるが
実際は無理にペコペコする必要はなく、
”普通に運んでくれれば”十分であり、
多くのお客さんは過度のサービスまで期待しないのが普通だ。

同様に、ペットの爪切りの場合であっても
無理にペコペコしたりわざとらしい接客は必要なく
まずは”普通に切ってもらえれば”我々は十分有難いのである。

しかしながら、こちらが低姿勢で伺っているのに
半分キレ気味でわが子(ペット)を振り回すように扱い
ムスッとした表情で乱暴に爪を切られたらどうだろうか?

それを見た飼い主は悲しい気持ちになるはずだ。

二度と行かないK店は、忙しさもあるだろうが
”爪切りは面倒”の部類の流れになっており
店員は上から目線→客側が気を遣う怖いサイクルになっていたのである。

A店の神対応

一方の神店舗であるA店は、
小動物担当のベテラン女性が良い流れを作っている。

先輩の位置にいる人間が、良い見本を示すので
後輩も同じような立ち回りをする好循環になっている。

爪を切っている間は、常にモルモットに話しかけ
爪切りだけではなく、爪の状態や毛の状態など
さりげなく観察しアドバイスまでしてくれる。

男性店員は2人ほどいるが、
どちらもイケメンでありながら、
赤ちゃん言葉でモルモットに話しかけてくれるのは和む。

最終的には、簡単なシャンプーとブラッシングまでしてくれる念の入れようで
こちらから追加料金を払いたくなるくらいにサービスしてくれる。

当然、飼い主からすればペットは子供であるが
店員さんも”親になったつもり”で対応してくれるので
とても感動を覚える。

A店の店員さん全員の
”給料をアップしてほしい”と願うのは
恐らく私だけではないはずだ。

次回は何か手土産でも持っていこう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク