モルモットの小屋に糞(うんち)が付く 付かないようにするには?攻略法

モルモットと言えば、
1日に糞を200個以上排出する動物である。

小便よりも便の方が多いために
ケージの清潔感に気を配っている人は多いはずだ。

モルモットの中にはトイレを覚える子も存在するが
なかなかトレーニング迄実行する飼い主は少ない。

我が家も糞に対しては無法地帯であり
半日もすれば、ケージ中は糞だらけである。

小屋に糞が付く現象

飼い主は、糞に対しての耐性は身につくが
我が家の場合には少々問題点がある。

小屋の中で糞をし、それを足で掻いてしまうために
が小屋の端にこびりつくのである。
(画像は控えめに汚れた状態を撮影)

このようなことが起こるために、
対策をしなければ、毎日小屋を洗わないとならず負担になる。

一番良い対処法は何だ?

はじめは、汚れる部分に紙を貼ったりなどの
直接ガードする方法を繰り返した。

しかし、糞を跳ね返すパターンでは
小屋内で糞が転がる事になり、一番避けたい
モルモット自体が汚れてしまう結果になってしまうのである。

浮かすのが理想

試行錯誤した結果、
小屋を浮かし”糞が小屋の外に出る”ようにするのがベストだった。
(※穴が開いた床は使いたくない)

はじめは小さいを置き、足を作る事も考えたが
汚れてしまうために、できれば捨てられる素材が理想だった。

ミニペットシーツ

最終的には”小さくて安いペットシーツ”を畳んで利用する事を選んだ。

糞をする→モルモットが足で掻き出す→隙間から外に出る
という理想的な結果になった。

更なる進化へ

ただ、毎回シーツを3枚を折る面倒と、
モルモットの動きが激しい事もあり
気が付くとシーツが滅茶苦茶になっている事がある。

そして、最終的には”割り箸”をカットして
足を足す事で解決した。

このように、接地面を4点にすれば、
小屋に糞が付く事を最小限に抑える事が出来る。

また、足部分は割り箸なのでお金がかからず
グルーガンで貼り付けるだけなので簡単だ。

暫くはこれで様子を見てみたい。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク