【巨人に吉兆】オープン戦11位と優勝に向けて視界良好

古くからの巨人ファンは、
オープン戦での”敗戦”は吉兆として捉える方が多い。

それもそのはず、オープン戦調子が悪い方が
シーズンの成績は高くなる傾向があるからだ。

1位 西武
2位 広島
2位 ヤクルト
4位 DeNA
5位 ソフトバンク
5位 阪神
5位 日本ハム
8位 楽天
8位 ロッテ
8位 中日
11位 巨人
12位 オリックス

今回は、若手の投手がある程度の”期待度”を示し
サンチェスを始め主力投手は今一つで(ピークは開幕後)、
打撃陣が打てないというのは悪くない流れである。

外国人は成功するのか?

更に外国人に至っては、
パーラは”膝”に爆弾を抱えている不安がありながらも、
モタの成長力は侮れない。

パーラは痛い痛いで
ヒルマン説あるで
糞外人かもしれん!!

少々遅れ気味のメルセデス
打たれたとしても”球威がある”事を確認できた
サンチェスビエイラも悪くない。
そして実績のあるデラロサと、ある意味
1~2人欠けていても運用できる状態である。

特に、現在のメルセデスの状態であれば
(球団は急かしているようであるが)
個人的な理想は5月からでも十分な考えがある。
慌てて開幕に合わせても1年持たない事が想像できる故、焦りは禁物だ。

畠の離脱は多くのファンが予想済

巨人ファンの誰もが予想していた通りにが離脱した。
それでも先発は、菅野 サンチェス 戸郷 高橋 田口 桜井と揃っている。

リリーフ陣では、信頼できるのがデラロサ 鍵谷 中川であり層は薄い。
澤村はムラがある事から使い所が難しいが、
高田萌高木京のベンチ入りは十分にある。
宮國の枠は高田萌に任せた方が良さそうだ。

また、古川は球威があるゆえに首脳陣の評価は高いが、
いかんせんコントロールが悪いために、
四球→やめくそストレートという繰り返しが怖い。
ノーコンを卒業できなければ接戦では登板させにくいだろう。
ドラフトで即戦力投手を取らなかったツケが痛い。

大竹クッソ腹が出ててワロタ
今年絶対無理だと確信したわ

宮國と鍬原見限った
もぅだめだろ・・・

ダメなの分かっているのに
宮國は何故か好かれるんだよな
メンタル弱いからブルペンだけ良いみたいだし

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク