田中俊太躍動!吉川尚輝腰痛!巨人6-1ヤクルト

4/13 東京ドームにて対ヤクルト戦が行われた。

ヤク100000000 1
巨人10113000X 6
菅野 3試合 3勝 1敗 0S
小川 3試合 3勝 1敗 0S
投手リレー
ヤ:小川 大下 風張-中村 松本直
巨:菅野 中川 宮國-小林 大城
本塁打
ヤ:山田哲2号
巨:坂本3号 亀井2号

ドームを驚かせたのがオーダー発表だった。
巨人ファンの間では”1番尚輝”が当たり前であったが
この日の1番は田中俊太であった。

通常の原監督であれば、
ビヤヌエバの部分に(小川と相性の良い)
田中俊を入れてくるものと思われたが、
吉川尚の代わりなだけに、
コアなファンは怪我を想像した事だろう。

4田中俊
6坂本
8丸
3岡本
9亀井
5ビヤヌエバ
7ゲレーロ
8小林
9菅野

腰痛でスタメンを外れる

その後、吉川尚は腰痛である事がわかった。
腰痛というのは、再発する傾向があり
日々のケアをしながら一生付き合わなければならない。

巨人で腰痛と言えば、前監督の由伸坂本のイメージが強い。
鉄壁の二遊間(坂本&吉川尚)であっても、
両者腰痛持ちの為、いつ離脱してもおかしくない状況なのである。

田中俊太の存在が大きい

このような事から、
サードとセカンドを守れる田中俊
首脳陣にとって欠かせない存在であり、
常にレギュラーと遜色ない選手は準備しておきたい。

ノーパワー俊太いらねー。

ビヤの代わりに俊太使うのはつまらない
一発が無いとだめだよ。

いつもセカンドゴロなんだよなw

田中俊は地味な故に、批判されることも多いが
・控えの中では守備が安定
・セカンド&サードが守れる
・選球眼が良い
・実は長打がある
どの投手に対しても対等に戦える
などの良さがある。

特に、出場機会が少ないながらも、
持ち前のセンスで、初対戦投手に
タイミングを合わせる事ができるのは心強い。

山本じゃだめなの?

山本だったら、
ジャンプしながらの
ファウルや悪球打ちだろw

増田は?

まだ実績無いからな。
田中俊>吉川大>増田大の並び順
北村はサード限定だけに今は修行

田中俊太の器用さ

足を高くあげる打者は器用な打者が多い。
器用であれば、いくら足を上げても
タイミングを取る事ができるのである。
(例:高橋由伸)

この日は5打席回ってきたが、
相手が小川投手という事を考えると
とても十分な結果であった。

(4)54 田中俊 空三振 一ゴロ 投犠打 右越2 四球

1打席目は粘った末の三振
2打席目は田中俊に球数を使うまいと
ストライク付近に3球投げた小川
3打席目持ち前のバントの上手さ
(2018年の失敗は1回のみ)
4打席目持ち前の長打力
5打席目持ち前の選球眼

守備優先ではあるが打撃センスもあるため
内野のサブとしては申し分ない。

案外ホームランが打てる

また、田中俊は”単打タイプ”と思われがちであるが
実は社会人時代からホームランは多く、普通に長打を放っていた。

吉川大機も二塁打多いんだぜ
舐めてもらったら困る。

一番得意なのは高めに入ってくる変化球を
ライトに引っ張るのが、俊太のツボであり
外の球はレフトに弾き返すが、思いのほか良く伸びる傾向がある。

原監督のスタメン組み立て

原監督は他の監督に比べて
選手の調子を重視する監督である。

第一第二政権時代も、ファームに足を運んだように
全員の調子を把握する努力を怠らない。

特に試合前のバッティング練習を良く見ており
この日のスタメンは、(現在の調子からは三振しか見えない)
を外して亀井を入れてきた。

その亀井は、小川投手との相性は
(2018年)14-1と悪い方であったが、
現在の陽を入れるよりは結果が出やすと読んでいた筈だ。
(結果:3-1※4回に本塁打)

小川投手の特徴

小川投手は球が速いのはもちろんであるが
とにかく低めを丁寧に投げる印象があるだろう。

毎回当たり前のように抑えられる印象があり
この日の田中俊亀井のような存在は邪魔になった筈である。

それ故にビヤヌエバのノーヒットは
原監督もファンも想定内であったが、
今後も考えてスタメンとして出場させた。
(2打席で交代)

ゲレーロはギリギリ維持か?

ゲレーロ18打席ヒットが出ていないが
高めの釣り球と外角低めのワンバウンド
に対して、なんとか踏みとどまっている状態だ。

これがなんでも振り回すようになったら
再度、原監督の直接指導が必要になってくる。

ゲレーロは調子の振り幅が大きいだけに、
ビヤヌエバが安定してくる事が
今後の巨人にとって大事になってくる。

球団の考えとしては
ゲレーロは今年までと考えており
ビヤヌエバがある程度の目処が立てば
(ロペスを放出した二の舞にならなぬように)
長期雇用になる可能性がある。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク