完全に動じなくなるまで時間がかかる 13日目

軽く撫でるまでは早かったが、
完全に逃げない状態”まで達するのは難しい。

仕事中も睡眠も一緒で、
1日20時間ほど一緒に過ごしているが
完全なナデナデ状態までが遠い。
(もちろん焦りは全くない)

ここ最近の状態は、
小屋の掃除をしても平気に出てくる。
手に近づくが触れるまではいかない。
という、人間に対しては味方と理解したが
撫でられるまでは心を許していない状態だ。

ただ、全く進展がないのではなく、
常に一緒に生活している私以外の家族にも
警戒心が薄れてきたことが大きい。

モルモットとのコミュニケーションは
主に野菜を与える機会であるが、
誰があげても警戒しながらも小屋から出てくるようになった。

今までは、小屋の中では常に中腰であったが
最近はお腹をつけて寝そべるようになった。
撫でられないが信頼感は確実に積み上げているはずだ。

しかしながら、想像以上に
臆病な動物である事は間違いない。
特に、我が家は外からの騒音が多い。
強風救急車工事現場オフィスの椅子音と騒音が多いので心配だ。

栄養面の変化

お世話になっているペットショップコジマの小冊子には
以下のような餌の配分表が掲載されている。

野生下でのテンジクネズミ(モルモットの祖先)は、
草や葉、果実、樹皮、茎、根を食べて暮らしています。
様々な牧草を主食とし、
飼育下でも栄養のバランスを考えながら、
高栄養の食事には注意が必要です。

モルモットは何科?
→テンジクネズミ科

モルモット栄養素の振り分け

牧草75%

牧草は新鮮なものを好きなだけ与える。
特にイネ科の牧草をメインに数種混ぜて与えると
歯の伸びを抑えられる効果がある。

ペレット20%

モルモット専用のペレットは必須。
MIXタイプではなく選り好みをしない
ペレットのみ(すべて同じ形)の商品が理想。

副菜5%

野菜、果物などの副菜は食欲増進に繋がる。
コミュニケーションのツールになるが、
同時に与えすぎは下痢の原因になるので注意が必要だ。

+サプリメント

モルモットは体内でビタミンCを
作り出せないため非常に重要になる。
また、おなかの調子を整える乳酸菌のサプリメントも与えるとよい。

現在与えている食事は

現在我が家で与えている食事は以下の通り。

チモシー(牧草)常にケージ内に配置
ペレット朝夜各15g程度
給水機(給水機にマルチビタミン液)
ビタミンCタブレット(朝&夕 各1つぶ)
乳酸菌タブレット(朝&夕 各1つぶ)

飼い始めた当初は、
ビタミンCタブレットは使わなかったが、
ビタミンCは摂りすぎても安心のため
数日前から加えるようになった。

水に関しては難しい

モルモットの水は水道水で大丈夫か?

「水道水で充分!」
「いや、水道水は体内に石ができる!」など
ネットの意見は分かれている。

水を汲んでおけば勝手にカルキは抜けるが
水は土地によって成分も異なり難しい問題だ。

現在、我が家では水道水を使用しているが
もちろん”ペット用の水”を用意する事も考えている。
また、粒のたくさん入った浄水器的
(魔法のスティック)なものも販売しているが効果のほどは不明だ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク