モルモットが水を一滴も飲まない理由原因(1~2日目)

自分を信じて育てよう

動物を飼う人は、誰よりも調べ勉強する。

自分はネットで学び、
子供や嫁には言葉で伝え学んでもらった。
時には、育ち盛りの子供に教えるのならば
飼育本を読ませても勉強になるだろう。

そして、年上の人間は
何かと(知識もないのに)指導しようと
口を挟んでくる場合がある。

年長者の言葉は絶対ではない

人生の先輩であっても
モルモットを飼育したことの無い人からの
助言ほど、当てにならないものはない。

我が家の場合はこうだ・・・

親「段ボールで、ケージ全部囲って、
  誰からも見えないようにすべきだ!」

しかしながら自分の考えは違う。
「全てを囲んだら慣れるものも慣れない。
ペットショップではガラス張りだったのだから
せっかくの慣れを消すのは勿体ない。
落ち着く小屋を作りつつ、人間の動きも見えるようにケージを考えたい。」

親「餌を与える時には、音を出してアピールしろ」

「いやいや、名前を呼ぶだけで十分だから、
人の動きだけで充分感知する。わざとらしい物音は悪影響だよ。」

親「過保護にする必要はない、ビタミンCや乳酸菌は不要!」

「おいおい・・・」

Q 糞が落ちるようにスノコにすべきか?

穴が大きかったり段差があると、足を折る可能性があるそうで
私の場合はリスクを軽減させるために、心配するくらいならとスノコ方式はやめた。

Q トイレを同じ場所でさせたい。

これについてはケージの配置を考える必要があると学んだ。
トイレについてはこちらを参考にしてもらいたい

自分の考えを中心に後悔しない選択を

聞く耳を持たないのは
向上心がなくなるので良くない事であるが、
明らかにナンセンスな意見を押し付けられることは
人間がストレスを受ける事になる。

最終的には、後悔しないよう
自分を信じて育てる意識が必要だ。

飼育2日目 水を飲まない理由

ペットショップから自宅に迎えた直後は
・小屋から出てこなかったり
・餌を食べなかったり
・水を飲まない事がある

!せっかちな飼い主には向かない!

これらは精神的な影響が一番大きいが
水に関しては、給水機を認識していない
又は、給水機を警戒している可能性も考えられる。

飼い主は様々な視点で考える事が必要

多くは小屋から出てこない

モルモットの1日目は特に怯えるため
餌を食べない水を飲まない事はザラだ。

先人たちのデータがある故に
私はどっしりと構えていたが、予想に反して
9時間後に餌を食べに出てくるようになった。
(餌→小屋→餌→小屋を繰り返す)

しかしながら給水機からの水は
一向に減ることはなく、少々心配になる。

この対策として、私は別皿を用意したが、
それと同時に、水分の取れる白菜を”少しだけ”小屋前に置いた。
水を怖がっている間は野菜で繋ぐ事も悪くないだろう。

よく、小さい子に野菜をあげるのは厳禁と言われるが、
それは水+野菜(水分)で下痢になる可能性があるからだ。
今回の場合は明らかに水分が足りていないため
自分の意志で与えることにした。

すると、やはり水分が不足しているのか
すぐに出てきて白菜を食べた。

おそらくモルモットは水分を欲していたはずだ。

※その後、ケージを改造し
給水機を目立つように設置したら
(4日目から)飲むようになった。

自分の観察位置

ケージ直前で観察するのは、
モルモットにストレスがかかるが、
幸い、自分の仕事机とモルモットの間には4m程の距離があり
遠くから(働きながら)観察ができる。

モルモット側からすれば、
「離れた所に人間がいるが遠いから平気かな?」
くらいの距離のようだ。

このあたりは個体差があると思うが、
”うっすら人間の気配がしても遠くなら出てくる”のが現状の2人の距離なのだろう。

無理に縮めることはせず、気長に挑む必要がある。

子供に渡すのはまだ先

もちろん子供が飼育する為に購入したが
慣れる前に子供に飼育権を与えては、モルモットが怯えたままになる。

人間に怯えないようになるまでは
私が静かに世話をし、人間は安全と理解してもらうつもりだ。

犬に対しては「よしよし」と、
飼い主自ら積極な行動が可能だが、
モルモットは猫のように”待ち”が必要な動物である。

”暗い彼女が心を開くまで看病する。”
そんな気持ちで心広く待ち続けたい。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。